【お金】無知ゆえに、IPO詐欺にだまされたよ! 「無知って恐いね・・」

お金
スポンサーリンク

そう、あれは25才の夏の暑い日であった。

当時勤めていた会社の同時期入社であったR子から
「ねっ、内緒でいい話、教えてあ、げ、る!(ハート)」と持ちかけられた。
(ちなみにR子は派手な顔の造りだけど、ちょっと天然っぽいしゃべり方とのギャップが可愛いく、昔はキャバ嬢で結構ブイブイ言わせていたらしい。)

そんなカワイ子ちゃんから持ちかけられたら、どんな硬派な男子であれ鼻の下伸ばして「なになに~?(♪)」となってしまうであろう。

そのいい話とは、
・昔キャバクラで働いていた時のお客さん(経営者)から数年ぶりに連絡が掛かってきて「今度俺の会社上場するからさ、お前には昔色々世話になったし恩返しのつもりでうちの株売ってやるよ!」と。

当時その社長はかなり金使いも派手で、儲かっていた話や羽振りの良いところや派手な所もしょっちゅう見ていたR子は飛びついた。

「もしお前の友達でも買いたいって奴いたら2人くらいまでなら分けてやるよ!」という訳で私に話しが回ってきたのです。

ちょうどその頃に投資とかについて興味が出てきた段階だった私は
「R子も買うんだし買ってみるか!」と軽い気持ちで投資(いや、投機)しました。

・R子は500万円投資(若干親にも借りたらしい・・)
・私は100万円投資(これが限界だった)

二人でそこの会社の銀行口座に振り込み、社長に連絡すると
「早速振り込んでくれたか!ありがとう!一応IPOは2ヶ月後の予定だから来週くらいには株券(?)送るよ!」と。

その日は二人で飲みに行って「お金入ったらおまえ何買うの?」
やら、「社長は少なくとも2倍にはなるって言ってたよ!」とか、それはそれはとても楽しいお酒を飲んだのでした・・。

もう言わなくても分かっていると思いますが、完全に無知につけこまれたIPO詐欺でした。

IPOっていう言葉を聞いた事があるだけの、ずぶの素人。
今思うと、穴があったら入りたいくらい恥ずかしい無知っぷりです。

その後、社長からは何も送られて来ず、電話しても出ない。会社に行っても誰もいない。 R子が昔のキャバクラ仲間に調査すると「〇〇社長は事業が上手くいかなくなって金づまりになって飛んだらしい」と・・。

私より被害額の大きかったR子、すべて詐欺だったと分かった夜はお通夜のような空気感で二人とも潰れるまで飲み明かしました・・。

その後、お互い別々の道を歩んではいるがR子は私にとって、今も仲の良い友人の一人です。

数年前、久しぶりに飲んだ時にふと、「そういえばあん時のIPOの話ってさ、何で俺に教えてくれたの?」と軽く聞いてみたら、「あの頃さ、君の事好きだったんだよね・・」

そんな甘いストロベリートークが交わせただけでも、あの時100万円支払った価値はあったのではないでしょうか?そんな爽やかな答えを出せた夜であった。

おしまい

 

*本当は、彼女の気持ちに気づかなかった鈍感な自分に対してめっちゃ後悔したのと、もっと色々しておけば・・とかスケベなことを考えて後悔の気持ちで一杯になりました(笑)。

 

 

 

お金
スポンサーリンク
スポンサーリンク
fortyをフォローする
スポンサーリンク
アラフォー男子の生き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました