プリズナートレーニング【ザ・ハンドスタンド・プッシュアップ②クロウ・スタンド】注意!

身体
スポンサーリンク

久しぶりに「プリズナートレーニング」について書きます。

間もなく開始から1年が経つ、安全なはずのこのトレーニングですがやり方によっては怪我しますのでご注意を・・。

ようやくビッグ4(プッシュアップ、プルアップ、レッグレイズ、スクワット)からビッグ6の残り2つのうち1つ「ザ・ハンドスタンド・プッシュアップ」へと移行できるレベルになったのでチャレンジしました。

残りの2つへ進むためには・・・
・「ザ・ハンドスタンド・プッシュアップ」は「プッシュアップ」シリーズのステップ6が出来るようになるまでは行ってはいけない。
・「ザ・ブリッジ」は「スクワット」と「レッグレイズ」のステップ6が出来るようになるまでは行ってはいけない。

 

「ザ・ハンドスタンド・プッシュアップ」の2番目のセクションである「クロウ・スタンド」の初日に私は数年ぶりに鼻血を出すという失態をしてしまいました(笑)。

この「クロウ・スタンド」ですが、腕だけでバランスを取るという普段は使わない筋肉を使って行う中々難易度高めのもの。

写真でみると簡単そうに見えますよね・・?

でもやってみると足を持ち上げるまでが大変、かつその状態のキープはもっと大変だったのです。

著者(ポール先生)によると

このステップのカギはバランスポイントを理解することにある。
バランスを保ちつつ、胸側に倒れないように指をどう使うかを学ぶ。
胸側に倒れ始めたら、指で強く押すようにする。
とあります。
「指でバランスを取る」の意味がよく分からずにとりあえずやってみるものの、中々上半身が写真の状態にまで持っていけない。
何度かトライすると「勢いが足りない」という結論になりました。
(これは間違った結論です。)
せーので「よっ!」とやると・・・
そのまま正面の床(フローリング)に顔の正面から激突!
腕が使えない状態なので防げない。
勢いがついているから顔を背けることが出来ない。
ベチッ!
という音と共に痛みが・・・(泣)。
こんな倒れ方をしたのは小学生の時に勢いついて自転車から放り出された時以来かもしれません。
そして鼻血を出したのも・・。
「何でもとりあえずやってみる」ことは私の長所でもありますが、あまりにも短慮でした(反省)。
これから「クロウ・スタンド」をやる方は、
・勢いをつけないこと
・万一倒れた場合に備えてクッションを置いておくこと
をオススメします。
後日、クッションを置いて再度チャレンジしました。
「初心者の標準 10秒」でも結構きつかったです。
身体
スポンサーリンク
スポンサーリンク
fortyをフォローする
スポンサーリンク
アラフォー男子の生き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました