【江戸東京たてもの園】癒しスポット

旅行、外出
スポンサーリンク

 

 

ある日突然行きたくなる癒しスポット。

 

【江戸東京たてもの園】

 

世間はお盆真っ最中で混んでるかと思ったけど、そうでもなく

 

ゆっくりと回れました。

 

 

 

 

JR中央線「武蔵小金井」駅からバスで10分くらい、下車5分。

 

「都立小金井公園」内にあります。

 

 

 

 

 

中央線沿いの公園の中では広い園内。

 

 

 

 

 

小金井公園は桜の季節ともなると花見客であふれる公園

 

 

 

 

ビジターセンター(旧光華殿)

 

そんな園内の西に在する「異世界」。

 

 

 

 

それが・・・

 

【江戸東京たてもの園】

 

 

 

 

ビジターセンターを抜けるとそこには新旧とりどりの建築物が。

 

 

 

 

田園調布の家(大川邸)

 

 

 

 

 

一軒一軒、中に入れる

 

さすがにクーラーはついてないから暑いけど。

 

 

 

 

 

モダンな内装が格好良い

 

 

 

 

 

 

昭和を代表する建築家「前川國男」邸

 

 

 

 

 

 

格好よすぎる・・・

 

 

 

 

 

 

 

いかにもお金持ちの家「三井八郎右衛門邸」

 

 

 

 

 

 

 

現代建売住宅ではまず見ることの出来ないリッチな玄関

 

 

 

 

 

 

 

階段の踊り場って心動かされませんか?

 

 

 

 

 

 

立食パーティーが出来るくらいのダイニング

 

絨毯の色が時代を反映している

 

 

 

 

 

 

 

もともと西麻布三丁目にあったらしい

 

今売却した坪単価いくらだろう?

 

とか、職業病。

 

 

 

 

 

 

 

こんな素敵な洋館も

 

「デ・ラランデ邸」

 

 

 

 

 

 

ここの「階段の踊り場」も◎。

 

 

 

 

 

 

 

「武蔵野茶房」が入っているので飲み食い出来る

 

 

 

 

 

 

 

茅葺屋根の家

 

テンション上がる!

 

 

 

 

 

 

 

冬は寒そうだから嫌だけど、夏は良い感じ

 

 

 

 

 

 

 

「ザ・日本の農家」

 

井戸や祠がある。

 

解体更地渡し条件なら祈祷とかのお金も必要になってくるな・・・

 

今はそんな想像はいらんな・・。

 

 

 

 

 

 

昔は家の中でも半分外のような生活をしていた

 

 

 

 

 

 

 

家族何世代かで、沢山で住んでいたんだろう農家・・

 

 

 

 

 

 

 

普通の神経なら使おうと思わないだろ

 

 

 

 

 

 

 

蚊帳ね

 

 

 

 

 

 

ずっと思ってたこと、田舎に実家がある人は羨ましい。

 

さすがにこんな感じの家はないだろうけど

 

 

 

 

 

 

 

 

かつての農民は農民一揆に備えて、庭で鋤、鍬で戦う練習をしていたのだろうか?

 

そんな想像を縁側に座ってしてみた

 

 

 

 

 

 

 

 

「東ゾーン」は近代的建築物がメイン

 

 

 

 

 

 

 

都電!

 

 

 

 

 

 

 

こんな小さな電車が東京の中心部を当時は運行していた

 

人も今と比べたら全然少なかった

 

 

 

 

 

 

24人掛けの車内

 

通勤のお父さんや買い物のお母さん

 

当時の情景が目に浮かぶ

 

 

 

 

 

 

 

 

電灯のデザイン

 

ロマンを感じます

 

 

 

 

 

 

 

交番一つとっても格好良い・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

越境解消する時、揉めそうだな・・・

 

 

 

 

 

 

 

別にこの時代に生きていた訳じゃないが

 

なんか懐かしく感じてしまう

 

 

 

 

 

 

 

ぶら下がっているヤカンを見て懐かしいと思ってしまうのは

 

「ALWAYS 三丁目の夕日」の見過ぎだろうか

 

 

 

 

 

 

 

一体どれくらいの反物がここで泣く泣く売られていったのだろうか

 

 

 

 

 

 

 

青梅市にあった昔の旅館

 

旅の途中にはAPAホテルでなく

 

こんな感じのところに泊まりたい

 

 

 

 

 

 

 

でも冬は寒そうだからAPAホテルのほうが良い

 

 

 

 

 

 

 

醤油屋

 

 

 

 

 

 

卵ってこんな風に売られていたんですね

 

 

 

 

 

 

 

アイコスは無いけど雰囲気が良いタバコ屋

 

 

 

 

 

 

 

 

無料休憩所

 

クーラー全開で快適

 

 

 

 

 

 

 

書道具屋

 

よく再現したなと感心する

 

 

 

 

 

 

 

引き出しの数がすごい

 

 

 

 

 

 

 

こちらの「子宝湯」が

 

「千と千尋の神隠し」のモデルになったとかならなかったとか

 

 

 

 

 

 

 

 

一家に一つ浴室が無いのが当たり前だった時代

 

 

 

 

 

 

 

銭湯でコミュニケーション

 

人と人の繋がりが今よりも密だった時代

 

 

 

 

 

 

 

 

一風呂浴びたあとは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一杯やってから帰る。

 

どんな会話をしていたんだろうと想像してしまう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれやこれやと普段することのないような想像をする

 

そんなことが脳みそのリフレッシュになる

 

都内からもアクセス良好の【江戸東京たてもの園】は

 

あいかわらず抜群の癒しスポットでした。

 

 

旅行、外出
スポンサーリンク
スポンサーリンク
fortyをフォローする
スポンサーリンク
アラフォー男子の生き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました