40代のこれからの生き方について参考になった本

雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

40代のこれからについて

世間的に40代と言えば「最も脂の乗った時期」と言われる。

 

反面、

 

 

若くもなく年老いてもない「最も中途半端な時期」

 

とも言われたりしている。

 

 

 

 

思うに40代こそ

自らの「今後の人生の方向性」をしっかりと見定めなければならない時期

なのだと思います。

 

 

 

 

今後の20年、30年を見据え

 

「将来の自分像」をある程度確立させ

 

そうなるように「自分を方向付け」し

 

自分の人生の舵取りを意識する年代なのではないでしょうか。

 

 

 

 

例えば、

「総資産○○円」

「こういう所に住み」

「こんな感じで仕事を楽しみながら」

「こんな趣味を持ち」

「周りにはこんな人たちに囲まれている」

とか、

 

 

そんな程度の方向性を決めるだけでも

 

日々の心構えが変わり

 

行動も変わってくるはず。

 

ただ忙しい毎日に忙殺されて生きるより

 

もっと実りある人生を送れるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

今日は、40代の生き方について

 

最近ジャケ買いした本の1冊が参考になったので紹介します。

 

この本は2010年に出版され

 

今でも増刷されているようです。

 

 

 

①「これから」について参考になった本

 

■タイトル■

【あたりまえだけどなかなかできない 42歳からのルール】
(アスカビジネス)

 

■著者■

田中 和彦

 

 

 

本のジャケットにはいかにも

「人生エンジョイしてます!」的なさわやかな外国人男性。

個人的には日本人を使え!とか思いますが、インパクトはあります。

 

 

パラパラと立ち読みすると読みやすそうで、その日の気分にマッチしたので買ってみました。

 

 

こちらの著者の田中和彦氏は元リクルートの編集長、映画プロデューサーを経た人材コンサル会社の社長さんです。

 

 

異色のキャリアを歩んできた著者の話は面白く、勇気づけられる部分も多々あります。

 

 

 

 

 

②本の内容

 

ちょっとライトな「自己啓発本」といったところでしょうか。

 

1項目1~2ページほどの簡潔な内容が100項目あります。

 

さらに100項目を10のセクションに並べてあります。

参考までに・・・
①「生きざま」のルール
②「キャリア」のルール
③「働き方」のルール
④「仕事術」
⑤「上司」のルール
⑥「人間関係」のルール
⑦「学び」のルール
⑧「生活とお金」のルール
⑨「遊び」のルール
⑩「挑戦」のルール

 

 

 

完全なビジネスマン向けには偏ってなく

アラフォー世代にマッチする内容となってます。

 

 

 

 

 

③感銘を受けたところ

 

出だしの著者の人生紹介から引き込まれ、パート3くらいまでは

 

ぐいぐいと引き込まれる内容でした。

 

途中若干飽きる部分もありましたが、後半は特に勇気づけられたりする内容で

 

全体を通して読みやすく、数時間で読了出来る本で気持ち良かったです。

 

内容は本誌に譲りますが、個人的に特に心に残った部分を少し紹介します。

 

 

 

ルール1

【何かを手に入れたいなら、何かを捨てろ】

 

 

 

 

ルール6

【同質な人ばかりと群れるな】

 

 

 

 

 

ルール27

【飼いならされたライオンになるな】

 

 

 

ルール69

【毎年1つは「はじめて」に挑戦しよう】

 

 

 

 

自分にとって一番良かった部分は・・・

 

 

 

ルール32
【大型旅客機ではなく、不安定な戦闘機であれ】

のパートでした。

 

 

 

ここでは著者が40歳の時に転職した先の先輩のエピソードが語られています。

 

40歳での転職に対して、かつての同僚たちからは

 

「そんなリスクのある選択をしなくても・・・」と言われていた先輩が

 

そのリスクについての話をする件です。

 

 

 

以下抜粋

 

「大型旅客機は、気流が安定しているときは快適な乗り心地だが、少しでも気流が不安定になるとすぐに揺れてしまう。
逆に戦闘機は絶えずバランスを取らねばならないよう、意図的に不安定に設計されている。」

 

 

「安定な状態は実は不安定。不安定な状態こそが最大の安定なんだよ。」

 

 

 

 

今の自分の状態、大企業に守られていないという心理状態だから

特に感銘を受け、勇気づけられたのでしょうか。

 

 

 

自身の置かれている立場や状況によって人それぞれ

 

良いと思う部分は変わってきますが

 

この本は大多数の人が拾えるところがある本ではないでしょうか。

 

不安やプレッシャーにさらされている時こそ

 

少し落ち着いて読書でもする。

 

 

そういう余裕を持った大人になりたいものです。

 

雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
fortyをフォローする
スポンサーリンク
アラフォー男子の生き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました