サラリーマンが「燃え尽き症候群」だった理由について考えた件

仕事

まあまあ長かった会社勤め時代

後半はほぼ「燃え尽き症候群」でした。

 

こうやって「時間」が出来ると

あの頃考える余裕も無かったことについても

 

 

振り返ることが出来る。

 

 

よく言われる「燃え尽き症候群」

きっと多くの方が陥っているのではないでしょうか。

今日書くことに、共感出来る人はいるはずなので書きました。

 

 

■勤め人に多い「燃え尽き症候群」■

 

「燃え尽き症候群」の理由として一般的に多いのが・・

・疲労
・ストレス
・責任感
・無力感

これらが本人のキャパシティを超えたり

永続的に続いたりする時に陥るそうです。

 

 

 

一般的な理由も踏まえた上で振り返ってみると、私の場合は

 

 

「心の断捨離が出来ていなかった」

 

 

ことと

 

 

「八方美人であったから」

 

 

ということが大きかったと思えます。

 

 

 

 

①「心の断捨離が出来ていなかった」ことについて

 

自分にとって「捨てても良いもの」と「捨てないもの」の仕分けが出来ておらず、「あれもこれも取っておく」状態になっていた。

 

なので、エネルギーが湧いてこなかった。

 

「捨てても良いもの」「捨てないもの」は言い換えると

 

 

 

「自分にとって大切なものとそうでないもの」。

 

 

 

それらは「人」であり「物」であり「評価」であったり。

特に人間関係が中心であると思います。

 

 

ここの価値観を明確にしておかないと余計なエネルギーを使いすぎて

「あれもこれも」状態になる。

良く言えば「貪欲」なんだけど・・。

 

 

 

 

 

②「八方美人であった」ことについて

 

誰にでも好かれよう。とか、良い印象を残そう。

とすることは非常に疲れます。

 

 

「男はこうであるべき」や「上司たるものこうであるべき」

とか、

 

 

「~べき」像を過剰に持ちすぎるとキャパオーバーを起こす。

 

 

 

「~べき」が多かったのは

「見栄」「虚栄心」が大きかったから。

 

 

【誰からも褒められたい】(上司からも、部下からも、関係者からも)

 

誰でも褒められることで気持ちよさを感じると思いますが

気持ちよさをもっともっとと過剰に求めていってしまうと

「褒められる気持ちよさ」と「その為に支払うストレス」の

バランスが崩れ、ストレスのほうが大きくなりがちです。

 

 

【褒められる気持ちよさ  <  支払うストレス】

 

 

この状態に陥いると次第にメンタル不調→「燃え尽き症候群」

へと繋がっていく。

 

 

 

 

 

③「ではどうすれば良かったのか」について

 

■「心の断捨離(整理)を定期的に行いメンテナンスしておくこと」

 

 

■八方美人にならないように「あの人には好かれないでも良い等、割り切っておくこと」

 

 

つまり、

「自分にとって大事でない物や人間関係を明確にし、捨てていく。

そして残ったもの(大切なもの)を大事にする」ということ。

 

 

こうやって書いてしまえば簡単に聞こえてしまうけど

実際やってみると大変な作業です。

 

 

 

それでも自分の将来の姿や夢、目的があるのならば

その過程で現れる余分な賞賛などに対して

多大なエネルギーを使ってまで拾いにいかないこと。

 

 

 

幼稚な例えかもしれませんが、ゲームで例えるとすると。

 

【例え】
「スーパーマリオブラザーズ」をクリアしてエンディングを見ることを「目的」とするならば、ムリに全ての敵を倒したり、ムリにコインを取りにいかないでも良い。(やりこむ事が目的ならばそうするが)

 

 

目的に沿って・・・

 

 

 

「今、必要なことだけをやる」

 

 

 

と言ったことだと思います。

 

 

 

が、目的を定めても日常の中で「気が付いたら寄り道(余計なこと)をしていた」という状態によく陥ってしまうのは何故なのか・・・?

 

 

単純な答えですが、それは・・・

 

 

 

 

「いつの間にか目的を忘れてしまうから」

 

 

 

 

人は目的や決意を決めた瞬間が一番その気持ちが強いが、その記憶は数十分もすれば50%以上忘れてしまうそうです。

 

 

なので、忘れないために、

決意や気持ちを強化するためには、

「紙に書く」→「何度も見る(読む)」→「その時の気持ちを思い出す」

といった努力が必要。

 

 

学生時代に自宅のトイレに貼った「英単語の付箋」と同じです。

 

 

 

特に「その時の気持ちを思い出す」ことによって

 

 

決意が強化され、やがては信念となる。

 

 

 

手帳のページリフターに貼り付けておけば、一日に何度も目に入ってきますね。

 

 

 

 

「燃え尽き症候群」に陥らないためには

ムリをせず、かつ、目的を忘れない。

といったことが大事なようです。

 

 

「そんなこと忙しすぎて考える暇がない」という状態の時こそ

「仕事さぼってでも考える」ことが大事なようです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました