お金は効率的に回さないとならないということ

お金
スポンサーリンク

今年のIPO成績・・・

 

当選 2回(たったの)

利益 数万円

投資効率 1.5%以下(ひどい)

 

 

ナニコレ??・・・。

 

 

 

「IPOは宝クジよりはるかに当選確立が高く利回りも良い」

 

と言われつつも、今年も残す所数か月なので計算してみました。

 

 

 

確かに大口で当選すれば投資効率がめちゃくちゃ良いのですが、

 

当選するのは毎回事前入金の要らない「野村証券」のみ。

 

しかし、

 

「野村証券」は申込がほとんど1単元でしか出来ないので

当選した所で利益はほんの数万円・・・。

 

 

 

事前入金が必要な「SBI証券」や「SMBC日興証券」等、

 

これらが全く・・・

 

 

当たらない。

 

 

(SBIポイントは溜まるからいつかは当たるはずなんだけど・・・)

 

 

 

振り返ってみると事前入金が必要な証券会社には申し込まないで

 

 

「クラウドバンク」にでも全額ぶち込んで置いたほうが

 

投資効率が良かったことに気づく。

 

 

 

 

かのアインシュタインが

 

「人類最大の発明」と呼んだ「複利効果」。

 

この恩恵を受けるのには「時間」が最大のキーポイントと言えます。

 

(もちろん投資額も重要ですが)

 

 

 

 

結果論ではありますが、

「時間の有効活用」が出来ていなかった

大いに反省すべきところです。

 

 

 

先ほど「クラウドバンク」(ソーシャルレンディング)のことに

 

触れましたが、IPO狙いよりリスクは高まります。

 

同ソーシャルレンディング最大手「マネオ」案件のように

 

融資先の貸し倒れリスク等を考えると、ソーシャルレンディングは

 

「ミドルリスク、ミドルリターン」かと思います。

 

 

 

 

 

ではIPO狙いはどうなんかというと

 

「ローリスク、ミドルリターン」と言えるのですが

 

個人的には「ローリターン」だと思います。

 

 

 

 

 

理由として・・・

 

「当選しなかった時は時間だけ失ったことになるから」。

 

 

 

時間は有限です。

 

IPO狙いでほぼほぼ元本は確保出来ますが、

 

それではツマラナイ。

 

 

 

投資の基本である「時間」の大事さを改めて認識しました。

 

 

 

失敗から学び、より良き方法を学ぶ。

そんな賢人のような生き方を目指します。

 

お金
スポンサーリンク
スポンサーリンク
fortyをフォローする
スポンサーリンク
アラフォー男子の生き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました