【道志の森キャンプ場】キャンパーの聖地と呼ばれるところ

アウトドア
スポンサーリンク

ある土曜日の昼過ぎ・・・

ふと、

 

「いまからキャンプしたい!」

 

と思いたちキャンパーの聖地と言われている

 

【道志の森キャンプ場】へ行ってきました。

 

 

 

 

山梨県と神奈川県の境にあるこちらのキャンプ場

都内から「中央自動車道」に乗り「相模湖IC」からひたすら下道(413号線)を走ったところにあります。

 

高速道路を降りたあとの下道は20km以上あり、

かつ山道なのでドライブが楽しめます。

 

 

この日は土曜日だったのでバイクツーリングしている人の数がすごく多くて

すれ違いざまに何度も手を振りあっていました。

 

 

何回も何回も手を振りあい続けていて、

そろそろ手を振ることが煩わしくなったころ

 

「バイカーはずいぶんフレンドリーだけど、こっちの姿をちゃんと見れているのかな??」と疑問に思った時にやっと気が付きました。

 

何のことはない、

 

 

 

 

彼らが手を振っていたのは私の後ろをついてくるバイカーだったことに・・・

 

 

 

 

 

ちょっと一人でこっ恥ずかしかった土曜日でした。

 

 

恥ずかしい気持ちを隠し切れずに山道を運転し、ようやく到着。

 

 

【道志の森キャンプ場】

【道志の森キャンプ場】
山梨県南都留郡道志村下善之木10041
0554-52-2440

【道志の森キャンプ場】特徴

・思い立ったが吉日、予約不要で行けます!
・しかもフリーサイトでどこにテント張ってもOK。
が、人気のキャンプ場なので今回の私のように15時過ぎに現着すると
良い場所は殆ど空いていません・・・。
土曜日かつ人気のキャンプ場なので唯一空いていた場所は管理棟の近くのみ。
仕方なく人と車の出入りが多い川べりにテント張りました。
ほぼ日が落ちているしタープはいらないだろと思いましたが何となく・・
あ、テントはまだ固定してないですからね(笑)。
・管理棟では夜の19時まで「薪やカップ麺、おかし等」が購入可能。
キャンプ場では珍しく薪は針葉樹(杉)と広葉樹が選べます。
■針葉樹(燃えやすいが燃焼時間は短め)は350円。
■広葉樹(やや燃えにくいが燃焼時間が長い)は500円。
まず、場所取りをしてからこちらの管理棟へ来て利用料金を支払います。
でも離れたサイトだと大変だろうからとお姉さんが定期的に料金徴収にも来てくれるので払い忘れもなさそうです。
一人+車1台で1700円でした。
管理棟横のトイレですが、
驚くことにウォシュレット付き!!
喜び駆けだす前に注意点として、
トイレットペーパーは備え付けてないので管理棟であらかじめ50円で購入しておく、もしくは持参することを忘れずに。
キャンプ場の客層ですが、
ファミリーも、友人同士も、お一人さまも同じように多いので
すごく気兼ねなく利用出来ます。
思ったこととしては、ソロキャンパーはソロキャンパー同士
近いエリアに固まっているような感じでした。
・因みに携帯電話はわずかに電波入る感じです。
管理棟近くではwi-fiも使えると聞きましたが、
「Y!mobileのwi-fi」は使えませんでした。
(2019年10月現在)

場内の様子

天然のプール
10月なのでさすがにガチで泳いでいる人はいませんでしたが。
このエリアはすごく人気っぽい込み具合でした。
いたるエリアにテントの山。
非常に参考になります。
ムササビウィングかな?
この人はどうやらタープ泊っぽくめちゃくちゃ格好良かった。
場内はとても広く、散策も楽しめます。
結構寒かったですが・・
10月初旬なんで当たり前か。
大人数で着てもこのように屋根付きの場所が使えるので安心。
コテージは予約制とのこと。
川の上のサイト、こんな所にテント張りたい。
ちなみに私がテント張ったのは川の真横。
夜中に寒すぎて目が覚め、バッグに足を突っ込んで耐えました。
キャンプというのは来るたびに、
己の準備不足、技術不足を痛感させてくれる。
「次はこういう用意をして来たらもっと楽しめそう」
「次はあれをやってみよう」
とか、本当に良い意味で勉強になります。
当面の目標は荷物の最小限化です。
以上、【道志の森キャンプ場】でした!
アウトドア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
fortyをフォローする
スポンサーリンク
アラフォー男子の生き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました