【かっぱ橋道具祭り】で男心をくすぐるアイテムを購入

雑記
スポンサーリンク

そのうち一回は行ってみたいなと思っていた

【かっぱ橋道具祭り】へ行ってきました。

 

 

 

 

 

その日は仕事で台東区の物件を見に行ったのですが、

たまたま【かっぱ橋道具祭り】の初日だったので足を運びました。
(開催:2019年10月8日~14日(祝)まで)

 

アクセスは東京メトロ銀座線「田原町駅」から徒歩5分の他、「上野駅」や「浅草駅」からも歩けます。

 

 

 

 

 

「合羽橋」交差点、スカイツリーがはっきりと見える

 

 

 

初日は平日の火曜日でしたが、外国人観光客も多く、結構賑わってました。

 

 

 

 

 

外国人観光客には料理包丁中心の「刃物屋」がにぎわっている。

 

 

 

 

店先のセール品

 

 

 

 

ファミレスの店先にあるようなやつ

名称は分からないけど外国人観光客が楽しそうにしていました。

 

 

 

 

主に飲食店で使われる看板やメニューボード等を揃える店

普段街中では見ることが出来ない品が

ここでは普通に売っている。

 

 

 

 

さすが問屋街。

今まで何十万も支払ってきたパワーストーンを始め、数多の風水グッズも卸価格・・・(泣)

 

 

 

 

 

 

この日はテレビの取材も見掛けた、人も多く活気があるお祭り(セール会場?)でした!

 

 

 

 

飲食店を始めるなら「かっぱ橋道具街」で什器等を揃えるのがセオリーと言われているらしい。

 

別に飲食店始めるわけではなくても、家庭用の調理器具を見ているだけでも楽しめます。

 

 

アルミやステンレスのボール、バット(四角いやつ)とかは

必要ないのに欲しくなってしまうのは何故だろうか?

 

 

男は「光り物」に弱い・・。

 

 

 

 

【そして今回購入した唯一のアイテム】

 

さすがにまだ仕事も残っていたんで、バッグに入るもの以外は買いませんでしたが、非常に「男心」をくすぐる物を即買いしました。

 

 

 

それがこれ・・・

 

 

 

 

 

「アルミケース」(スライド式、3点で800円くらい)

 

 

 

 

これ・・・

懐かしくないですか!?

 

 

 

 

若い頃のミリタリーブーム時には米軍グッズ放出の店に行き、

買いあさっていた、あれです。

 

 

 

 

当時はこのケースに何を入れていたのか・・・?

 

 

今となっては全く思い出すことは出来ませんが、蓋がスライドする感触が大好きで何個も持ち歩いていました。

 

 

 

9割以上の方から見ればただのゴミに映るとは思いますが

大人になった今こそ、大事に、有効活用しようと思います。

という訳で、超有効活用した結果。

 

 

 

 

 

「火口入れ(キャンプ用)」に決定!

 

 

 

麻のロープをほぐした物2パケと、自作のコットンボールが、

 

 

 

 

なんと・・・

 

 

 

ジャストフィット!

 

 

 

 

さて、残り2つは一体何に使ったもんか・・・

 

 

雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
fortyをフォローする
スポンサーリンク
アラフォー男子の生き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました