【ふもとっぱらキャンプ場】一度は行っておきたい最高に気持ち良いキャンプ場

アウトドア
スポンサーリンク

念願のふもとっぱらキャンプ場へ行ってきました!

ここはあまりにも有名なキャンプ場ですが、予約が必要だったり(ネットからやるんですが結構細かく情報を入れないとならない)、ファミリーやグループが多くソロには向かない、といった情報もあって大分躊躇してましたが、今回初めて行く事が出来ました。

 

【ふもとっぱらキャンプ場】

・静岡県富士宮市麓156
・0544-52-2112
・ネットからの事前予約が必要
・年間通して混んでいる
・チェックアウトが翌日の14時までと便利

 

「ふもとっぱらキャンプ場」は真正面に富士山がダイナミックに見える数少ないキャンプ場です。

 

全て野原で見通し良く、水栓関係も充実した「最高のキャンプ場」の1つと言っても過言ではないです。

 

 

今回、1か月くらい前からネット予約をして12月中旬の平日に行きました。

過去数年の同日の天気を調べると晴れだったのでその日で予約を取るも、前後の日は「晴れ予報」、当日のみ「雨予報」。

過去の天気なんか参考程度にしかなりません・・。

 

 

 

その日は朝から結構な雨が降っていたのですが、10時頃には現地着。

 

受付にてチェックイン

「車1台とタープ1つ」で3,000円。

 

 

 

 

 

薪は袋に詰め放題で500円

針葉樹と広葉樹が混ざっている

炭は3kgで600円

 

 

 

 

 

さすがにこの天気なのでお客さんはあまりいない様子です。

 

 

 

 

 

 

せっかくの野原がぬかるみだらけで残念な状態・・・

 

 

 

 

 

他の方の場所取り基準は知らないがどこも同じような状態の為、少しでもぬかるみが少ない場所を選ぶ

 

 

 

 

 

タープは「ステルス張り」

快適性と簡単さといい、この張り方が最強ではないだろうか?

DDタープ、簡単快適なステルス張り

 

 

 

 

 

こんな天気でもキャンプしている人達のテントはどれも高級な物が多い(スノピとか)

 

 

 

 

 

設営が終わった頃には雨脚がだんだんと弱くなってくる

山の天気は変わりやすく当てにならない

 

 

 

 

 

屋根付きの炊事場

 

 

 

 

トイレ(旧)と売店?

 

 

 

 

 

トイレはどれも水洗で清潔感がある

 

 

 

 

 

なんと・・・ウォシュレット付き、便座ヒーターまで!

私の中ではもうこの時点で他所のキャンプ場を大きく引き離してます。

 

 

 

 

 

天気は悪く、雲も多い、でもこの「だだっ広さ」はとても解放感がある

 

 

 

 

 

お湯を沸かして休憩。

この頃には雨も止む。

 

 

 

 

 

風があったのでどんどんと雨雲が流れていき、晴れ間も見えてくるという・・

 

 

 

 

 

雲が去り、ついに富士山を正面に捉えることが・・!

 

 

 

 

 

気持ちの良い晴れ空のなか、食べて飲んで過ごせました。

写真は洗い場とトイレ(新)です。

 

 

 

 

 

旧トイレも充分綺麗でしたが、新トイレは文句無しの清潔さ

 

 

 

 

 

「ふもとっぱらキャンプ場」はかなり広く

どこにテントを張って良いか迷いますが、

この「新らしいトイレ」の周辺が良いかなと思います。

 

 

 

 

 

夜には満天の星空!

 

気温は6度位。

天気予報は「雨90%終日」でしたが、山の天気は見事に良い意味で裏切ってくれました。

 

 

寒さについては当たり前ですが、日が沈むとグッと気温が下がります。

ズボン2枚履き、ヒートテック、フリース、ダウン、は当たり前に必要。

もっと寒くなっても耐えられるようにさらに2枚位は防寒具を持っていったほうが良いです。

焚火の周りは暖かいですが、足元が半端なく冷えるので「スノーブーツ」や「カセットヒーター」系もマストです。

 

冬キャンプを楽しむための持ち物

 

 

 

 

翌朝は「快晴」日の出は7時過ぎ

 

 

 

 

 

日光がタープ上の結露を蒸発してくれる、太陽の有難みを感じます。

 

 

 

【ふもとっぱらキャンプ場】は一人でもグループでも絶対に楽しめます。

ただ、シーズンや土日祝日はあまりにも人が多すぎて「囲まれる」状態らしいです。

年末をここで迎える人も多いみたいです。

 

 

だだっ広い空間で解放され、天気が良くなれば正面に富士山。

夜には満天の星空、朝は日の出を眺める。

温かい日差しを浴びながらパッキングをし、帰路のドライブも楽しめる。

 

 

本当に「最高のキャンプ場」でした!

 

 

アウトドア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
fortyをフォローする
スポンサーリンク
アラフォー男子の生き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました