【岡山県倉敷市】白壁の街並みを今も残す美しい街

旅行、外出

年末に名古屋で用事があり、その後仕事で帰る予定だったが当日に延期となり、そのまま関西方面へ足を伸ばす。

 

「東京~名古屋~岡山県~出雲大社」

(1日目)東京→名古屋・・・車で4時間半

(2日目)名古屋→倉敷市・・・渋滞で6時間

 

当日は事故渋滞に巻き込まれ、倉敷市へ到着したのが16時頃だったので大して観光できなかったが、短い時間でも満足出来る観光だった。

 

 

「倉敷美観地区」

 

江戸時代から続く白壁の建築物を今も修復しながら残す観光地

 

 

 

 

倉敷川に沿う柳が日本ぽい

 

 

 

 

 

想像していたのは埼玉県の小江戸の街だったが、良い意味で期待を裏切ってくれた広さ。

 

 

 

 

 

 

メインストリートには土産物屋が並ぶ

 

 

 

 

 

裏道を入ると「星野仙一記念館」

興味がないのでスルー

 

 

 

 

 

 

地元の子供達が恥ずかしそうに歌を歌うシーン

 

 

 

 

 

 

渡し船は外国人観光客の利用が多い

ベニスのゴンドラみたいな感覚か

 

 

 

 

 

 

裏通りを入ったらどうせ近代建築だろうなと思ったけどそんなことはない

どこまでも続く白壁の街並み

 

 

 

 

 

 

そそられる細道

 

 

 

 

 

 

 

登れと言わんばかりのトンネル横の階段は

「観龍寺(かんりゅうじ)」という寺へと続く

 

 

 

 

 

 

 

開かない

内側から鍵がかかっているようだ

 

 

 

 

 

 

誘われるように小道を上がっていく

広島県の尾道っぽい

 

 

 

 

 

 

 

やはり高いところは気持ちが良い

 

 

 

 

 

 

 

人のいない道というのは何故こんなにも好奇心を掻き立てられるのだろうか

 

 

 

 

 

 

 

電柱が無ければ良かったのに

 

 

 

 

 

 

 

寺!

 

 

 

 

 

 

 

日が沈む時間帯が一番好きだ

 

 

 

 

 

 

 

どんな景色もドラマチックに見えるから

 

 

 

 

 

 

 

懐かしき光景

寺の階段を使って部活の筋トレ中。

 

俺にもこんな時期が・・・

無いや

 

 

 

 

 

 

 

再び街へ降りると空が良い感じの色合いに

 

 

 

 

 

 

 

閉め切った車庫はすごく通気性が悪そう

美観を維持するのも大変だと思った

 

 

 

 

 

 

 

これなんか再建築するのに擁壁やりなおしだから実際は出来ないだろうな

・・・余計なお世話か

 

 

 

 

 

 

 

この階段のすり減り具合(真ん中部分)が歴史を感じさせる

 

 

 

 

 

 

 

お婆ちゃんの後ろ姿が絵になるなぁ・・・

 

 

 

 

 

 

 

なんか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

良い!(いろいろと)

 

 

 

 

 

 

 

夕暮れの時間帯だけで充分に満足

 

 

 

 

 

 

 

ぶらぶらと歩くだけで本当に満足出来てしまう「倉敷」の街・・・

 

最高。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました