【洪庵キャンプ場】富士山と本栖湖、千円札裏の絶景キャンプ場

アウトドア

千円札の裏側に印刷されている景色そのままが見れるキャンプ場。

ソロキャン仲間と、絶景が味わえるキャンプ場に行ってきました。

 

 

【洪庵(こうあん)キャンプ場】

・山梨県南巨摩群身延町中ノ倉2926
・0556-38-0117・キャンプサイトの予約は不可、直接行くのみ
・設備はトイレ、炊事場、コインシャワーのみとシンプル
・買い物は河口湖IC下車で「マックスバリュ富士河口湖店」が便利

 

 

 

千円札の裏側印刷の場所ってくらいなんで当然有名なキャンプ場なんですが、昨今ではアニメ・ドラマ「ゆるキャン」の第一話で使われたキャンプ場ということでもっと有名になってます。

 

【ゆるキャン】
・女子高生がキャンプを楽しむほんわかしたアニメ(ドラマ)。大人も子供も楽しめます、原作は漫画。

 

 

また、熱狂的ファンの間では「ゆるキャンの聖地」とも言われているようです。

 

 

 

 

 

この日はキャンプ仲間と「マックスバリュ 富士河口湖店」に9時集合。

 

 

 

アルコールも、薪も、炭も売ってるので非常に便利な店です。

というか、毎回お世話になってます。

 

薪も490円と、じつはキャンプ場で買うより安かったりします。

「マックスバリュ 富士河口湖店」最高です。

 

 

 

 

 

 

なんならここの駐車場から富士山が正面から見えます。

 

「マックスバリュ 富士河口湖店」さん、レジがよく混んでるけど本当に最高です。

 

 

 

 

 

 

 

 

食材とアルコールを買い込んで数十分のドライブを楽しんだら

【洪庵キャンプ場】に到着。

 

本栖湖と富士山が一望出来るのでただのドライブで来ても良いところです。

 

 

 

 

 

 

店内はカフェっぽく綺麗な内装です。

 

 

 

 

 

 

 

お土産から食料、お菓子。

薪、炭、アルコール燃料や、CB缶など大体のモノが揃ってます。

夜8時までです。

 

 

 

 

 

 

「ゆるキャン」の「志摩りん」さんののぼり

店内いたるところに「ゆるキャン」が溢れてます。

 

 

 

 

 

 

「ゆるキャン」グッズとかも売ってます、ファンにはたまらない、まさに聖地となってます。

大人1人、タープ1張り、車1台で2,100円という良心的な値段設定。

テントだと2,600円になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

場内は迷うことのない、程よい大きさ。

 

 

 

 

 

 

1分100円でコインシャワーが使えます。

 

 

 

 

 

 

 

シンプルな炊事場。

もちろん水オンリーです。

 

 

 

 

 

 

トイレは1カ所。

湖畔サイトに場所取りするといちいち坂を上り下りする必要があります。

 

 

 

 

 

 

ウォシュレットはありません・・。

 

 

 

 

 

 

炊事場、トイレ、コインシャワーは一か所にまとまってます。

自動販売機もあります。

 

 

 

 

 

 

 

【洪庵キャンプ場】は【林間サイト】と【湖畔サイト】に分かれてます。

 

 

 

 

 

 

 

【林間サイト】

炊事場やトイレから近いから便利。

 

 

 

 

 

 

 

【湖畔サイト】

湖を正面にダイナミックな景色を楽しめるが風が直撃。

 

 

 

 

 

 

 

「おおー・・!」

と声が出てしまうくらいの絶景!

 

 

 

この日は10時前に到着したのですが、すでに湖畔サイトはほとんど埋まっていた。

3月下旬の平日にも関わらずです。

いかに人気のキャンプ場なのかが分かります。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、チェックアウトが10時なので少し待っていると湖畔サイトもすこしずつ空きが出てきました。

 

 

 

で、湖の正面にタープ張ろうとしたんですが・・・

 

 

 

・風が半端でない(タープ泊するには飛ばされそうで不安)

・地面が固い(普通のペグだとちょっときつい)

・湖の前のサイトは斜面になってる(斜面は寝にくいから嫌い)

 

 

 

 

 

 

 

後々しんどくなりそうなので、森林サイトへ移動しました。

 

 

森林サイトからでも富士山は正面に見えます。

むしろ高台になっているのでこっちからの眺めのほうが個人的には好きです。

 

 

 

 

 

 

 

場内では枯れ木、枯れ枝、まつぼっくりも拾えます。

 

 

 

 

 

 

森林サイトの端っこですが、中々良い感じの場所に設営。

 

 

 

 

 

 

とりあえずベーコンとアスパラを焼いて腹ごしらえ。

 

 

 

 

 

 

各自、自分のペースで食べたり、枝拾いに行ったり。

 

 

 

 

 

 

それにしても「トランギア ストームクッカー S」は本当に便利です。

焼く、煮る、沸かす。

なんでも出来てしまうのでキャンプ場ではこれだけあれば大丈夫。

本当に最高すぎる。

 

「トランギア ストームクッカー」の話

 

 

 

 

 

 

 

ご飯の後は軽く焚火したり。

場内散策したり。

皆、自由気ままに過ごす。

 

 

 

 

 

 

日中は暑いくらいの快晴で最高の気候でしたが、日が沈んだ途端、一気に気温が下がる・・・。

 

 

 

 

 

 

 

寒い・・・!

 

寒すぎてしんどい・・・!

 

 

 

 

 

 

 

「多分使わないだろうな」と思いながら持ってきた「ユニフレーム コンパクトヒーター」を使うも、それでも全然寒い・・!

 

3月の気温を舐めてました。

 

 

 

先週キャンプ行ったという友人が「全然寒くなかったよ、山梨はイージーモードだったわ(笑)」とか言っていたんですが、全然寒いです。

この日の夜の気温は2度からマイナス5度と、12月より寒く感じました。

 

 

 

 

 

 

 

【洪庵キャンプ場】は直火OKなので、夜はキャンプファイヤー。

 

 

 

 

 

 

「レインボー焚火」とかやっちゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

ちまちまやってると寒さに耐えられないので盛大に丸太を燃やしてみました。

 

 

 

 

 

 

日が暮れてからは終始焚火。

そのうち買ってきた薪が切れてきたので、ヘッドライトつけて枯れ枝を収集し、燃やしまくります。

 

 

 

 

 

 

 

これはどんな状態なのか・・?

 

 

 

 

 

 

燃やす。身体動かす。

止まると凍えてしまうくらい寒かったので、焚火終了後は速やかに就寝。

 

はっきし言って焚火してるよりタープの中で寝袋にくるまっているほうが全然暖かかった・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

ぐっすり寝たら、翌朝も快晴。

太陽の有難みがことさら素晴らしく感じる朝。

 

 

 

 

 

 

 

寒かったのは明らかに予測が甘かった自分のせい。

準備不足を痛感しましたが、昨晩の辛さも素晴らしい景色が忘れさせてくれます。

 

 

【洪庵キャンプ場】はまさに絶景。

日本を代表するキャンプ場の一つと呼んでも過言ではないかと思えるところです。

暖かくなったらさらに混雑しそうですが、もう一度行きたいと思えるキャンプ場でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました