【95プラド 車中泊の準備】プラドの荷室での車中泊は一人なら充分な大きさ

アウトドア
スポンサーリンク

先週納車した95プラド。

古い車なんで心配していたが3400ccのエンジンは思いの外よく走ってくれる。

とりあえずナビの交換を終えて、シートカバーをオーダー中。

 

 

次は【車中泊仕様】へ。

 

一番簡単なのは2列目シート取り払ってしまうことだけど、車検時に戻さなくてはならない手間と、何よりシートを置けるほど広い部屋には住んでいないのでこの案は却下。

 

つわものキャンパーたちは「イレクターパイプ」を使って自作ベッドを作成しているようだけど、まずは手持ちの道具で何とかならないかと試行錯誤してみた。

 

 

 

 

いつも持っていく【テンマクのスチールコンテナ】×2

 

 

 

 

 

運転席側の2列目シートを倒すと高さ32cmほどだったので【テンマク スチールコンテナ(高さ20cm)】を設置。

 

足元までの長さが足りないので適当に【大煙幕】を置く。

 

 

 

 

 

この上に・・・

 

 

 

 

 

【FIELDOOR 車中泊マットSサイズ】を敷いてみるが、12cmの段差部分がちょうど腰当たりなので結構気になる・・・。

寝ている間に腰を痛めそう。

 

 

 

 

 

車内に転がっていた「腰痛サポートマット(運転用)」を敷いてみる。

 

 

 

 

 

結構傾斜があるけど寝転がってみると気にならない。

頭は運転席側で運転席を前にずらせば190cm近い距離を確保出来る。

 

 

 

 

 

 

とりあえずは完成!

 

 

 

この【FIELDOOR 車中泊マットSサイズ】だが、厚さ10cm、幅60cmの中国製の物だが、いつも車中泊をしている友人が「コスパは最高」とのオススメだった為購入。

 

車中泊マットはいろいろあれど6,000円台で厚さ10cmで取り扱いも楽なこの商品は良い買い物をしたと言える。

(厚さ10cmの車中泊マットは大体1万円位する物が多い)

 

 

 

 

 

通常時はゴルフバッグを寝かせておくことも出来るし。

 

 

 

 

人を乗せる時はコンテナを重ねて椅子を出せばよい。

 

オンでもオフでも使える95プラド。

 

運転していて楽しいし車中泊キャンプも出来るしで・・・ほんと最高。

アウトドア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
fortyをフォローする
スポンサーリンク
アラフォー男子の生き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました