【ベルモント TABI】超UL焚火台の衝動買い

アウトドア

㈱ベルモントの超軽量焚火台を衝動買い。

 

店頭で一目見掛け、思わずそのままレジへ直行しました。

 

 

 

そもそもこのベルモントという社名を知らなかったのですが、こちらの会社はあのスノーピーク本社がある「新潟県三条市」に所在する今注目のアウトドアメーカーです。

信頼のMade in Japanというのも購入のポイント。

 

 

 

 

 

 

今年3月に発売された【ベルモント 焚火台 TABI】

本体重量が298g、網を載せても総重量423gという軽量さ。

収納時薄さがわずか15mm・・・!

お値段わずか11,000円(税込み)!

 

 

ピコグリル398っぽい美しい造形と、ふと持ち上げた時のその軽さが購入の動機となりました。

 

 

 

 

 

 

早速開封。

黒いナイロンケースに収納されていて、これが本当に焚火台なのかと目を疑います。

 

 

 

 

 

 

収納されているのは、網と薄い本体×2と足×3、側板×2の3パーツのみ。

 

 

 

 

 

 

本体はチタン製で恐ろしく薄い。

薄すぎて2枚重なっていると分からなかったほどです。

 

 

 

 

 

 

組み立ては説明書不要の簡易さ。

30秒で出来上がります。

 

 

 

 

 

 

最初から網が付いているのがうれしい。

五徳や網が別売りの焚火台が多い中、これ一つで揃うのはありがたいことです。

 

 

 

 

 

 

高さはやや低め、下にシートを敷いたほうがよいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

A4用紙との比較。

幅が360mmなのでA4用紙より少し出ます。

側板を外せばキャンプ場の40cm薪をそのまま入れられる。

 

 

 

 

 

 

【トランギア ストームクッカーS】のフライパンが収まるサイズ感。

網の耐荷重は3kgなのでダッチオーブンとか載せないなら充分。

 

 

 

 

 

 

なんか絵になる。

てか早くキャンプ行きたい・・・。

 

 

 

 

 

 

こんな小さな身体なのに耐荷重13kgというスペック。

チタンの本体は使っていくうちに味が出てくること間違いなし。

 

 

 

 

ということで早速キャンプで使用してみた。

 

空気がよく通ります。

薪も切らずにそのまま載せられます。

ちょっとした料理なら網で直焼き出来ます。

 

 

 

 

 

 

重い薪もなんのその。

耐荷重13kgは本当っぽい。

 

 

 

 

 

 

気持ちよい程どんどん燃やせます。

 

 

 

 

 

 

この焚火台は非常に良い。

 

 

 

 

 

 

一晩(6時間くらい)使用後。

若干の変形はしますが、収納袋には収まるので今のところ問題なし。

 

 

 

 

 

 

チタンの焼け跡がとても綺麗です。

 

 

【ベルモント TABI】はその名の通り旅に連れだせる軽量さと携行性が抜群。もちろん燃焼効率も良好なので買ってよかったアイテムでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました