【雲取山】雲取山荘で朝日を見る。

アウトドア

東京都最高峰の雲取山2017mに行ってきました。

 

きっかけはバーで出会った山師匠からオススメされていたからです。

季節は11月初旬。

 

朝5時半に家を出て7時半頃から登り始める。

 

 

今回のコースは「小袖乗越駐車場→雲取山→雲取山荘で1泊→小袖乗越駐車場」のピストン。

当初は復路で「山上の湯」を通って「後山林道」を想定してましたが途中でその道が通行止めということがわかりピストンに変更。

・登り6時間(1日目)

・下り4時間(2日目)

という感じです。

 

 

 

 

 

【装備】

26ℓのバッグに、シェルやらULダウンやら行動食を詰めていきました。

 

 

 

 

 

 

「鴨沢西バス停」の少し先から細目の林道を上がっていきます。

 

 

 

 

 

林道を抜けると駐車スペース60台分くらいある「小袖乗越駐車場」が見えます。

トイレあり。駐車代は無料。

 

 

 

 

 

駐車場から道路沿いを北西方向へ行くと「雲取山」への登山口。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細くなだらかな登りが始まります。

 

 

 

 

 

ブナ坂あたりまでの途中途中で平将門逃亡劇を楽しめる。

 

 

 

 

 

左側を注意深く見ていると第一休憩ポイントである「水場」があります。

1時間以上登ったあたりでしょうか。

 

 

 

 

 

水場を超えていくとだんだんと景色も良くなってきます。

紅葉が綺麗でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

道幅は広いとは言えないが基本、歩きやすい道が続く。

 

 

 

 

 

長めの登りなので休憩はこまめに取る。

 

 

 

 

 

 

 

 

標識も多いし余程ボケっとしてなければ迷うことはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2時間半くらい登り続けると第2の休憩ポイント「七ツ石小屋」が現れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眺望良い場所なんでしっかり休憩して飲み食いしておきましょう。

トイレは100円の寄付が必要。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「七ツ石山」までは巻き道を通っても良いけど「七ツ石神社」が見たいなら分岐を右へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「七ツ石神社」

逃亡劇もあり

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは「七ツ石山山頂」

特に何もないけど遠くの山々を見渡せるポイント。

 

 

 

 

 

「七ツ石山」から「ブナ坂」までは急な下り。

さくさく進めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

落ち葉に足を突っ込みたい年ごろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ブナ坂」

平将門逃亡劇はここで終了

 

 

 

 

 

 

「ブナ坂」から「ヘリポート」を目指す。

ここからはまた登りが始まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このあたりの尾根道が本当に気持ちよい

 

 

 

 

 

 

 

「ヘリポート」あたりは携帯電波が飛んでいるので不在着信をやつける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まじで気持ちのよい道が続く。

最高です。

 

 

 

 

 

 

が、どうやらもうひと頑張りしなければならない登りが待っています。

山頂までの岩尾根は結構急な斜面です。

足元注意して進みます。

 

 

 

 

 

 

雲取山避難小屋が見えたあと、そのまま岩尾根を進めば良かったのになぜか「巻き道」へ行ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巻き道は全然面白いんだけど、山頂ではなく「雲取山荘」へ出てしまうので山頂へ行きたい方は注意を

 

 

 

 

 

 

 

 

何かすげー損した気分を感じながら山荘を後に山頂へ向かいます・・・

 

 

 

 

 

 

疲れていたせいか、山荘から山頂への登りが一番きつかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感動の山頂・・!

天気が良ければ富士山も見れます。

 

 

 

 

 

 

再び山頂から山荘へと・・・

この頃には大分ぐったりしてました。

因みに「雲取山荘」の受付時間は14時から。早く行っても対応してくれないんで要注意です。

 

 

 

 

 

 

 

 

よく建てたなと思うほど立派な建物

1泊2食付きで8,500円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テント場もあります。

平地慣れしたキャンパーにとってはハードル高すぎ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トイレは外。

夜寒い中サンダル履いてトイレに行くのが面倒でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストーブが置いてある場所にテーブルとかあったらしい。

コロナ対策とのことで撤廃していたが、せめてストーブは2つあるんだし両方つけて欲しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は合計9名の宿泊者

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部屋数がかなりあるけど、個室料金を払わないと相部屋となります。

相部屋はしっかりとコロナ対策カーテンが施してあります。

 

 

因みに3人の相部屋に通されたら迷わず真ん中を選びましょう。

落ち着かないかもしれませんが、炬燵をほぼ独占出来ます。

 

「どうせ誰も来ないでしょ」と思い端っこに陣取って炬燵でぬくぬくしてましたが、最終的には一番最後に来た人が炬燵を独占してました。

足突っ込もうにもその人が完全に足突っ込んだまま寝ていたので完敗です(苦)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食料はほぼ売ってませんでした。

ビールは買えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18時30分から夕食です。

 

 

 

 

 

 

物資はヘリコプターで降ろしているらしいから貴重。

質素とは思いたくない。

でもご飯だけはお代わり自由ですから。

 

 

 

 

 

 

 

消灯8時半。

朝食は5時半から。

一般的な朝食です。

 

 

 

 

 

 

朝焼け。

朝食後は外で日の出を待つ。

これがやりたかったんですが、やれて良かった本当に・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆光でシルエットだけになってしまったけど大満足。

 

 

 

 

 

 

 

水を補給して下山開始

 

 

 

 

 

 

山荘の方から聞いたんだが雲取山は「鬼滅の刃」主人公、丹次郎の故郷らしい。

 

 

 

 

 

再度山頂にて

 

 

 

 

 

 

雲取山避難小屋

 

 

 

 

 

 

翌朝は天気も良く、風も少ない絶好の登山日和となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日通った道も時間と天候が変われば違ったものに見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

七ツ石山への登りが急なだけで、それ以外は何事もなく終了。

 

山師匠オススメするだけあって思い出に残る1泊の山登りでした。

今回残念だったのはやはり「三条の湯」から下山できなかったこと。

これも次回の楽しみとして、季節を変えてまた行ってみようと思えた雲取山でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました