【チューダーブラックベイクロノ 白 79360N パンダ】購入までの葛藤

雑記

【チューダー(TUDOR)ブラックベイクロノ 白ダイアル 79360N パンダモデル】を購入するまでの葛藤の話。

 

【2021年4月7日の夜】

スマホで「機械式時計眺め」の幸せな時間を過ごしていた。

何気なく「チューダー」で検索かけてみる。

すると「TUDOR(チューダー/チュードル)」が2021年の新作発表との記事がアップされる。

 

2021年新作は「ブラックベイ58」のゴールドやシルバーモデル等の攻めたモデルを発表。

その中に過去の「クロノタイム」を彷彿とさせる「ブラックベイクロノの黒と白」が含まれている。

兼ねてより次時計買うときは「パンダ」にしようと思っていたところからのこの新作発表に心を揺さぶられ始める・・・。

 

【パンダモデルとは】
(白文字盤に黒のメーターがデザインされている、動物のパンダに似ているので、このような時計は通称パンダモデルと呼ばれている)

しかも明日4月8日から全国一斉発売だと・・?

むぅ・・・。

 

 

 

 

以下、心の葛藤。

 

(まてまてまて・・・落ち着け。)

 

(お前先月も別のチューダー買ったばかりだよな?)

 

(ぶっちゃけ必要ないよな?4本もあればもう充分足りてるよな?てかコレクターでも無いんだしそんなに時計集めてどうするんだ?あほなのかお前は?)

 

(全国一斉発売とか言ってるけど、どうせロレックスみたいに店頭行ったところで買える訳ないだろ? そもそも明日は普通に仕事じゃないか!)

 

(それにケース経が41mmってデカいぞ。ちょっと前まで42mmケースでデカすぎて持て余してたよな?また重くて邪魔な思いをするぞ。)

 

・・・

・・・

・・・。

 

 

 

 

そう、色々と「買わない理由」を見つけて自分を納得させるようにしました。

夜20時頃の新作発表から寝るまでの4時間ほど、何とか買いたいマインドを説得して眠りにつく。

しかし、寝る直前までずっと思っていた思いは睡眠中に潜在意識にじわじわと刷り込まれていたようだ・・。

 

 

 

 

 

【2021年4月8日 発売日】

いつも通り起床して会社へ行く。

今日は午前中に銀行系の来客が2組、弊社にしては珍しい来客だ。

11時から一組が来てあーだこーだ話をし、12時からもう一組が来る。

なんとなくこの辺りから心がザワザワとし始める。

12時30分くらいに打ち合わせが終了。

 

先輩(ビジネスパートナー)が「明日子供の入園式だから美容室で白髪に染めてくるけど今日急ぎでやることなんかある?」と言いながら帰宅の準備を始める。

「特にないんで今日はもう大丈夫ですよ」と答えながらブラックベイクロノが頭にちらつき始める。

先輩帰宅。

 

「さて・・・」

(銀行系の仕事は明日以降でも大丈夫だし、とりあえずチューダーショップ行くだけ行ってみるか)

(たまには新宿で昼飯でも食べるのも良いな)

 

 

店を閉めて新宿伊勢丹に向かう。

 

 

13時過ぎに伊勢丹4階のチューダーショップ到着。

あるわけ無いと思っていたが、現物があった。

 

残念ながら「SSモデル(ステンレススチール)」は完売したとのこと。

レザーモデルかファブリックモデルを勧められるが、これまでSSモデル以外使用したことが無かったので丁重にお断りした。

 

「ブラックベイクロノ 白 パンダモデル」は本当に格好良かったがSSモデルで無いなら要らないなと自分を納得させる。

 

昨日の今日で衝動買いしなかったことにちょっとホッとする小心者の自分。

 

 

 

 

昼飯を食べようかと思ったが、何となくSSモデルを見てみたいと思い立ち銀座のチューダーブティックへ足を向ける。

 

ここもSSモデルは朝のうちに完売。

今朝は入場整理券が配られたとのこと。

大丸東京や高島屋、池袋、横浜そごうにも電話問い合わせしてみるもすべて完売とのこと。

 

 

(よし、買えない!!)

 

 

 

 

 

せっかく銀座まで来たので昼飯を食べる。

 

(対して量もないサンドイッチセットが1,500円とか銀座高すぎ)

 

(これだけ売れてるってことは1年くらいは買えないだろうな)

 

(まあ、ご縁が無かったということであきらめよう)

 

(パンダモデル格好良かったな)

 

(41mmケースだけど思っていたよりデカすぎなかったな・・ でも厚みがあるから邪魔になるんだろうな・・)

 

(伊勢丹の店員さんがレザーやファブリックはぜひ一度試して欲しいと推奨してたな・・)

 

(SSモデルだから重たいんであって、ファブリックとかなら以外と快適なのかもな)

 

(新宿帰り道だし、もう一度寄って見てみようかな、見るだけだし、買わないし)

 

・・・

・・・

・・・。

 

 

 

 

再び新宿伊勢丹で「もう一度見るだけ」へ。

なんとこの2時間くらいで両方とも完売していた。

入荷は当然未定なので見ることも叶わず。

悶々とした気持ちを抱えながら帰宅。

 

 

 

 

この日の夜は「悔しい」やら「後悔」やらの気持ちが湧いてきたので再び自己説得の時間を設ける。

 

(お前さ、時計はお金産み出さないよ。完全に自己満足だよ。)

 

(考えてもみろ。時計代の50万を高配当米株に回してみることを。)

→50万円、利回り7%の高配当株を購入。

→税引きでざっくりと5.6%の利回り、年間収入が28,000円。

→月に換算すると2,333円。

→この時計を買わないで投資すれば毎月2,300円入ってくるのと同じ効果がある。

→しかも四半期配当が入るたびに配当で買い増ししていけば複利でもっと利回りが上がっていく・・・。

 

(やっぱ配当取ったほうがお得だよな・・・)

 

・・・

・・・

・・・。

 

 

(よし、買わない!!)

 

 

 

 

 

 

【2021年4月9日 発売日の翌日】

この日は午後から千葉県の物件を見に行く予定だったので車で出勤。

(特に事務所寄る用事もないから通りがかりに銀座チューダーブティックでも寄ってみるか)

 

(もう昨晩納得したし、店舗に無ければ買いようがないから「諦めきるために」ね)

 

(もしあったらどうする?)

 

(あってしまったらそこはご縁ということで、そもそも昨日完売した物が翌日に入荷しないでしょ。するとしたら土日の週末狙ってとかじゃないか?)

 

(無かったら、もう諦めると約束だな)

 

 

10時45分に銀座チューダーブティック前に到着。

近くの1台だけしか置けないコインパーキングは「10分500円」という値段設定。

馬鹿なの?と悪態をつく。

 

 

 

オープン11時ジャストに店舗に到着。

 

「ブラックベイクロノの白はアリマスカ?」

 

→「黒のレザーなら1本ご用意出来るんですが、あいにく白は完売しました。良かったら黒レザー見てみますか?」と親切なご対応を受ける。

 

 

黒もめちゃくちゃ格好良い。

でも「クロノタイム(タイガーだけど)の黒を持っているから同じような時計買うのもちょっと・・」とお断りする。

 

この時ロレックス好きな人が書いていたブログか何かで読んだ「裏にあるかもしれないから粘ってみるのが良い」とのことが浮かんで、粘ってみることにした。

 

自分を納得させる為に、心の底から諦めるために。

 

 

 

 

「白はもう当分入荷しないと思ったほうが良いんですよね?」

→「入荷はするけど少量なのでタイミングですよね・・。チューダーもだんだんと人気出てきて買いづらくはなって来ているので。」

(これは本当に無いっぽいな・・)

 

 

その後は純粋に自分が今回のパンダモデルが欲しかったことや、その日着けていたデカバラモデルの話とかで15分ほど談笑。

 

コインパーキング代もアホほど高いし、そろそろ帰ろうと思ったところ。

「あ、荷物来たみたいですね。」

・・・!

「何が入っているか分からないですが、お時間あればパンダがあるかみますけど・・」

・・・!

 

 

結果。

 

 

白のファブリックモデルでしたが「ご縁」を感じ購入。

 

初めて着けるファブリックモデルは自分の勝手な想像よりずっと快適。

別売りで95,000円くらい払えばステンレスベルトも買えるとのことでしたが、店員さんのファブリック推しもあり、しばらくはファブリックで行こうと思う。

【ブラックベイクロノ 白 パンダモデル】

本当に買って良かった&買えて良かった・・。

時計のレビューはこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました