【アークテリクス アクルックスTR】ゴアテックスブーツを買った

アウトドア

前回「両神山」での登山で靴擦れと疲労がひどかった為、トレッキングブーツを新調してみました。

個人的にはきつかった「両神山」の話はこちら。

 

 

第一条件としては「格好良い」こと。

 

第二に「実用性が高い」こと。

 

 

たとえ誰もいない山の中であっても身に着けているギアが「格好良い」と自分で思える物でないとテンションが上がらないので一番大事なところです。

 

でも結構こういう人って多く、共感して頂けるポイントだと思います。

 

トレッキングブーツ自体をあまり格好良いと思えなかったのですが、この【アクルックスTR ゴアテックスブーツ】は見るからにスマートなフォルムとほぼブラックというシンプルなカラーなので、街中使用でもそんなに違和感を感じさせません。

 

お値段は30,800円(税込)とちょっとお高いと感じますが、このスペックなら他メーカーと比べてもべらぼうに高い値段設定ではないと思います。

 

 

【アクルックスTRの特徴】

・軽量素材を使用(片足550g=両足で1100g)

・高い防水透湿性能、ゴアテックス仕様=オールシーズンのトレッキングに使える・高いグリップ性能=通常のビブラムではなく上位アウトソールである「メガグリップ」仕様

・高い耐久性=スーパーファブリックなるハイテク素材仕様

 

 

 

 

 

 

「メガグリップアウトソール」に独特なエッジを入れてあるので濡れた場所でも使える。

 

 

 

 

 

最初は高さのないアプローチシューズ(エアリオスFLやコンシールFL)にしようかと思ったが、やはり足首までの保護は必要だと思いこちらを選択。

(というか長いほうが格好良いと感じたのが一番の理由だけど)

 

 

 

 

 

足首をしっかり守ってくれそうな頼もしさ。

写真撮るの忘れたけど、インソールは土踏まずにも工夫がしてあるやつなのでそのまま使えそうです。

 

 

 

 

 

 

メーカーの謳い文句としては「1週間程度の山行をイメージして開発されている」とのこと。

せいぜい1泊くらいの登山しかやらない私にとってはかなりオーバースペックかもしれないが、そこは「格好良い」から良いということで。

 

 

 

 

 

荷物が到着してしばし見つめあった後に試し履きしてみる。

ボトムがタイトなパンツだと綺麗に収まらないので、ストレートのパンツで履こう。

 

 

 

 

 

近所を一時間くらい散歩してみた。

当然ながら普段履いているようなスニーカーに比べると若干の歩きにくさを感じたが、山では存分に力を発揮してくれそう。

てか履いていて、すごく安心感がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シューレースがちょっと長い・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

側面のアークテリクスロゴがすこぶる格好良い。

シンプルなデザインながらもアクセントとなるロゴ。

 

 

 

 

 

 

もちろん「バードエイド」付き。

(アークテリクス独自の修理保証)

 

大好きなアークテリクスのトレッキングブーツでした、次回のトレッキングが楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました