【バーゴ チタニウム コンバーターストーブ】39gの超軽量アルストが熱い

アウトドア

次のキャンプに向けてアウトドアショップで【バーゴ チタニウム コンバーターストーブ】(長い)を購入しました。

 

 

 

・重量:39g

・容量:44ml

・価格:6,600円(込)(アマゾンの並行品なら4,980円くらいで買える)

 

と、超軽量で普通に使っていれば壊れることのない「正に一生物のギア」です。

 

 

 

 

 

 

おそらく使うことはないであろうが、収納ポーチもしっかりした物になってます。

次回のキャンプでは「軽量」をテーマとした為に購入。

で、コイツの何が「コンバーター」なのかというと、

別売りの【ヘキサゴンウッドストーブ】と合体出来るからです。

 

 

 

 

 

 

 

そもそもこのギアは単独でも「アルコールストーブ」として使用可能ですが、別に風防が必要になってきます。

 

ちょっとお値段張りますが「ウッドストーブ」と組み合わせることで

・燃焼効率UP

・別売り風防いらず

となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ウッドストーブ」に対しての専用設計なのでがっちり合体します。

燃料はすり鉢状の真ん中くらいまでちゃんと入れないと機能しません。(40mlくらい)

アルコール以外に、裏返しにして固形燃料を置いても使えるという優れもの。

 

 

 

 

 

 

青の炎が美しいのはチタンならでは。

 

 

 

 

 

 

無風下の状態で700mlの水を沸騰させるまでに約15分。

 

 

 

 

 

 

そのまま放っておいて自然消火まで約21分。

・・・かなり長く燃えます。

 

 

 

 

 

 

せっかく湯を沸かしたのでパスタにしてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、フィールドテスト。

川の近くで風が結構吹いている状態での使用。

 

 

 

 

 

 

しつこいようだけど、アルコールはすり鉢真ん中かそれ以上入れないと機能しない。(40mlくらい)

 

 

 

 

 

 

風が強く燃焼効率が良すぎたせいなのか1回の沸騰で自然消火してしまいました。

 

 

 

 

 

 

再度40mlアルコールを追加してパスタが出来上がり。

アルコールは少し残っている程度でした。

 

 

 

 

環境次第ではアルコールの消費が激しくなることが充分あり得ます。

トランギアのアルストのほうが燃費は良いと思いました。

が、バーゴのこの軽さと格好良さ、所有欲を満たしてくれる点を考えると・・

「買って良かった」ギアです。

 

何も登山でテント泊の為に持っていく訳でもなく、キャンプ場までは車なんだから「軽さ」を求める必要があるのか?と問われれば全く「無い」。

自分が一体何を目指しているのか?そんなことは考える必要はなく、ただただ「自己満足」の為に買ったギアでした。

 

【バーゴ ヘキサゴンウッドストーブ】についてはこちら。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました